【音楽理論編】

目次

度数

1.度数とは

2つの音程の違う高さの幅の数え方(単位)。トニック(主音)に対してどのくらいの高さ音が離れているか、7音音階に合わせて1度〜7度の数値に分けて表す。数値の前に「長・短」と「完全・減」を付けて、半音と全音の違いを区別。

ここではキーがCの場合の説明をしていきます。

2.(完全)1度 : トニック

ド(C)

トニックって何?
本来は主音という意味。キー(調)に対して主和音となるコードであるトニック・コードをさす場合が多い。最も安定感のあるコードで、たいてい曲の始めや終わりはこのコードが使われる。曲の調を決定づける最も重要なコード

3.(増)1度・(短)2度

ド#・レb(C#・Db)

4.(長)2度(9)

レ(D)

5.(増)2度・(短)3度

レ#・ミb(D#・Eb)

6.(長)3度

ミ(E)

7.(完全)4度(11) : サブドミナント

ファ(F)

サブドミナントって何?
トニックからの進行を受けて曲の雰囲気を変えたり、抑揚感を出す働きがある。

8.(増)4度・(減)5度

ファ#・ソb(F#・Gb)

9.(完全)5度 : ドミナント

ソ(G)

ドミナントって何?
トニックへ進行しようとする力が働き、たいていフレーズの終わりや曲の終わりでは、ドミナントからトニックへ進行する。ドミナントはセブンスを伴うことが非常に多く、この場合トニックへの進行感がより強くなる。

10.(増)5度・(短)6度

ソ#・ラb(G#・Ab)

11.(長)6度(13)

ラ(A)

12.(増)6度・(短)7度

ラ#・シb(A#・Bb)

13.(長)7度

シ(B)

スケール

メジャー・スケール

最も基本のスケール

◼︎構成音(キー : C)

ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ

ナチュラル・マイナー・スケール

非常に解決感が薄いスケール

◼︎構成音(キー : C)

ド・レ・ミb・ファ・ソ・ラb・シb

ハーモニック・マイナー・スケール

メジャー・スケールのミ(3th)とラ(6th)を半音下げるスケール

◼︎構成音(キー : C)

ド・レ・ミb・ファ・ソ・ラb・シ

メロディック・マイナー・スケール

ミ(3th)のみをフラットにする、非常に解決感に満ち溢れたスケール

◼︎構成音(キー : C)

ド・レ・ミb・ファ・ソ・ラ・シ

メジャー・ペンタトニック・スケール

メジャースケールのファ(4th)とシ(7th)の音を除いたスケール。音階に決定的な解決要素がないので、どのコードの時に弾いても当たり障りの少ないスケール

◼︎構成音(キー : C)

ド・レ・ミ・ソ・ラ

マイナー・ペンタトニック・スケール

マイナースケールの、レ(2th)とラ(6th)の音を除いたスケール

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミb・ファ・ソ・シb

メジャー・ブルース・スケール

レbとラbとシ以外の全ての鍵盤を使うスケール

◼︎構成音(キー : C)

ド・レ・ミb・ミ・ファ・ソb・ソ・ラ・シb

マイナー・ブルース・スケール

マイナー・ペンタトニック・スケールに5度のブルーノート(Gb)を加えたスケール

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミb・ファ・ソb・ソ・シb

オルタード・スケール

ボサノバやジャズ、フュージョン等でよく登場するスケール

◼︎構成音(キー : C)

ド・レb・ミb・ミ・ソb・ラb・シb

ホールトーン・スケール

◼︎構成音(キー : C)

ド・レ・ミ・ソb・ラb・シb

コード

Major(メジャー)

長三和音(メジャー トライアド)
根音に長3度、完全5度を加えた和音。

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミ・ソ

◼︎度数

1・3・5

Minor(マイナー)

短三和音(マイナー トライアド)
根音から短3度、完全5度を加えた和音。長三和音(メジャー トライアド)の第3音を半音下げ、短3度とした和音。

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミb・ソ

◼︎度数

1・3b・5

sus2(サスツー)

◼︎構成音(キー : C)

ド・レ・ソ

◼︎度数

1・2・5

add2(アドツー)

長三和音(メジャー トライアド)に長2度の音を加えた和音。

◼︎構成音(キー : C)

ド・レ・ミ・ソ

◼︎度数

1・2・3・5

sus4(サスフォー)

長三和音(メジャー トライアド)の長3度を完全4度の音にした和音。

◼︎構成音(キー : C)

ド・ファ・ソ

◼︎度数

1・4・5

add4(アドフォー)

長三和音(メジャー トライアド)に完全4度の音を加えた和音。

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミ・ファ・ソ

◼︎度数

1・3・4・5

-5(フラットファイブ)

長三和音(メジャー トライアド)の完全5度を半音下げ、減5度とした和音。

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミ・ソb

◼︎度数

1・3・5b

6(シックス)

長三和音(メジャー トライアド)に長6度の音を加えた和音。

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミ・ソ・ラ

◼︎度数

1・3・5・6

m6(マイナーシックス)

短三和音(マイナー トライアド)に長6度の音を加えた付加和音。

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミb・ソ・ラ

◼︎度数

1・3b・5・6

69(シックスナインス)

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミ・ソ・ラ・レ

◼︎度数

1・3・5・6・9

m69(マイナーシックスナインス)

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミb・ソ・ラ・レ

◼︎度数

1・3b・5・6・9

7(セブンス)

属七の和音(ドミナント セブンス)
長三和音(メジャー トライアド)に短7度の音を加えた和音。

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミ・ソ・シb

◼︎度数

1・3・5・7b

7sus4(セブンスサスフォー)

属七の和音(ドミナント セブンス)の長3度を完全4度の音にした和音。

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミ・ファ・シb

◼︎度数

1・3・4・7b

7-5(セブンスフラットファイブ)

属七の和音(ドミナント セブンス)の完全5度を半音下げ、減5度にした和音。

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミ・ソb・シb

◼︎度数

1・3・5b・7b

7-9(セブンスフラットナインス)

属七短九の和音(短九の和音)
属七の和音(ドミナント セブンス)に短9度の音を加えた和音。

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミ・ソ・シb・レb

◼︎度数

1・3・5・7b・9b

7+9(セブンスシャープナインス)

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミ・ソ・シb・レ#

◼︎度数

1・3・5・7b・9#

7+11(セブンスシャープイレブンス)

属七の和音(ドミナント セブンス)に増11度の音を加えた和音。

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミ・ソ・シb・ファ#

◼︎度数

1・3・5・7b・11#

7+13(セブンスシャープサーティーンス)

属七の和音(ドミナント セブンス)の第5音を省いて長13度の音を加えた和音。

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミ・ソ・シb・ラ

◼︎度数

1・3・5・7b・13

M7(メジャーセブンス)

長七の和音
長三和音(メジャー トライアド)に長7度の音を加えた和音。

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミ・ソ・シ

◼︎度数

1・3・5・7

m7(マイナーセブンス)

短七の和音
短三和音(マイナー トライアド)に短7度の音を加えた和音。

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミb・ソ・シb

◼︎度数

1・3b・5・7b

m7-5(マイナーセブンスフラットファイブ)

導七の和音(半減七の和音)
短七の和音(マイナー セブンス)の完全5度を半音下げて、減5度にした和音。

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミb・ソb・シb

◼︎度数

1・3b・5b・7b

mM7(マイナーメジャーセブンス)

短三長七の和音
短三和音(マイナー トライアド)に長7度の音を加えた和音。

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミb・ソ・シ

◼︎度数

1・3b・5・7

9(ナインス)

属九の和音(長九の和音)
属七の和音(ドミナント セブンスに長9度の音を加えた和音。

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミ・ソ・シb・レ

◼︎度数

1・3・5・7b・9

-9(フラットナインス)

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミ・ソ・シb・レb

◼︎度数

1・3・5・7b・9b

9-5(ナインスフラットファイブ)

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミ・ソb・シb・レ

◼︎度数

1・3・5b・7b・9

M9(メジャーナインス)

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミ・ソ・シ・レ

◼︎度数

1・3・5・7・9

m9(マイナーナインス)

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミb・ソ・シb・レ

◼︎度数

1・3b・5・7b・9

add9(アドナインス)

長三和音(メジャー トライアド)に長9度の音を加えた和音。

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミ・ソ・レ

◼︎度数

1・3・5・9

11(イレブンス)

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミ・ソ・シb・レ・ファ

◼︎度数

1・3・5・7b・9・11

m11(マイナーイレブンス)

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミb・ソ・シb・レ・ファ

◼︎度数

1・3b・5・7b・9・11

13(サーティーンス)

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミ・ソ・シb・レ・ファ・ラ

◼︎度数

1・3・5・7b・9・11・13

m13(マイナーサーティーンス)

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミb・ソ・シb・レ・ファ・ラ

◼︎度数

1・3b・5・7b・9・11・13

aug(オーギュメント)

増三和音(オーギュメント トライアド)
根音に長3度、増5度を加えた和音。

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミ・ラb

◼︎度数

1・3・6b

aug7(オーギュメントセブンス)

増三和音(オーギュメント トライアド)に短7度の音を加えた和音。

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミ・ラb・シb

◼︎度数

1・3・6b・7b

aug7-9(オーギュメントセブンスフラットナインス)

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミ・ラb・シb・レb

◼︎度数

1・3・6b・7b・9b

augM7(オーギュメントメジャーセブンス)

増七の和音
増三和音(オーギュメント トライアド)に長7度の音を加えた和音。

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミ・ラb・シ

◼︎度数

1・3・6b・7

aug9(オーギュメントナインス)

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミ・ラb・シb・レ

◼︎度数

1・3・6b・7b・9

dim(ディミニッシュ)

減三和音(ディミニッシュ トライアド)
根音に短3度、減5度を加えた和音。

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミb・ソb

◼︎度数

1・3b・5b

dim7(ディミニッシュセブンス)

減七の和音
減三和音(ディミニッシュド トライアド)に減7度の音を加えた和音。

◼︎構成音(キー : C)

ド・ミb・ソb・

◼︎度数

1・3b・5b・bb7

音符

リズム

シンコペーション(食い)

小節内において、各拍の裏拍を強調したリズム。小節線をまたいでシンコペーション=アンテシペーション。非常にノリのよいスピード感あふれるリズムが形成できる。

4ビート

1小節を4つで数えるビート(4分音符が4つ)

8ビート

1小節を8つで数えるビート(8分音符が8つ)

16ビート

1小節を16で数えるビート(16分音符が16つ)

3連符

ある音符を3等分した長さです。

ハネ(スウィング・シャッフル)

フィルイン(おかず)

曲の中でサビに行く直前の1小節など、曲に変化と抑揚感を持たせるための一種のアドリブ・パターン。ピアノやギターのようなメロディックな楽器で、ボーカルなどのメイン・メロディーの隙間をうめるような短いリズムやフレーズを奏でる場合もあるが、ほとんどはドラムのやや派手なパターンをさすことが多い。

コード進行

カノン進行

コード:CーGーAmーEmーFーCーFーG

度数:I(1)ーV(5)ーVIm(6)ーIIIm(3)ーIV(4)ーI(1)ーIV(4)ーV(5)

【別パターン】

コード:CーG/BーAmーC/GーFーC/EーDm7ーG7

度数:Ⅰ(1)ーⅤ/Ⅶ(5/7)ーⅥm(6)ーⅠ/Ⅴ(1/5)ーⅣ(4)ーⅠ/Ⅲ(1/3)ーⅡm7(2)-Ⅴ7(5)

王道進行

コード : FーGーEmーAm

度数:Ⅳ(1)ーⅤ(4)ーⅢm(3)ーⅥm(6)

テラスハウス進行

コード:FーCーGーAm

度数:Ⅳ(4)ーⅠ(1)ーⅤ(5)ーⅥm(6)

小室進行

コード:AmーFーGーC

度数:Ⅵm(6)ーⅣ(4)ーⅤ(5)ーⅠ(1)

シティポップ進行

コード:FM7ーE7ーAm7ーC7

度数:IVM7(4)ーIII7(3)ーVIm7(6)ーI7(1)

レット・イット・ビー進行

コード: CーGーAmーF

度数:Ⅰ(1)ーⅤ(5)ーⅥm(6)ーⅣ(4)

6415進行

コード:AmーFーCーG

度数:Ⅵm(6)ーⅣ(4)ーⅠ(1)ーⅤ(5)

3456進行

コード:EmーFーGーAm

度数:Ⅲm(3)ーⅣ(4)ーⅤ(5)ーⅥm(6)

1625進行

コード:CーAm7ーDm7ーG7

度数:Ⅰ(1)ーⅥm7(6)ーⅡm7(2)ーⅤ7(5)

音域の表記

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>公式LINEにて無料診断実施中!

公式LINEにて無料診断実施中!

受講者以外の方でも公式LINEのトークにてご自身の歌唱音声や映像にお悩みを添えてお送り頂ければ診断結果(あなたの発声状態やお悩みの改善方法)をお返事致します。

CTR IMG