【ベルティングボイス編】

A.ベルティング習得トレーニング

やり方

  1. 「ン」で後下(うなじ)に喉を引く
  2. 1をキープしたまま発声

ルール

  1. 「ンガッ! ンガッ!」と一回一回必ず切る
  2. 前下に入れない(声が重くならないように)
  3. なるべく抵抗感0(多少体力は使うが張り上げNG)
  4. 地声体感を必ず持ちながら(裏声にならないように)
  5. 息漏れNG(抜けちゃう時は呼吸管理意識やおでこ押し使用)
  6. 言葉をはっきり言う(「NPA」などの言葉に意味があるので)
  7. 声帯は音程が取れる状態にする(裏声の薄さも意識)

音域

F4〜最高音

ツール

◼︎NPA(ンパ)

◼︎NGA(ンガ)

◼︎NBA(ンバ)

◼︎NMO(ンモ)

練習音源

声帯が閉鎖しやすくなるツール

「息が漏れてしまう」「声が裏に抜けてしまう」という人は外部の力を借りて声帯を閉鎖させましょう

  1. おでこを押しながら
  2. 大仏ポーズで両手を合わせながら
  3. を押しながら
  4. 重い物を持ちながら

後ろに引く感覚を見つける

一人ではできませんが…

誰かに支えてもらいながら、思い切り後ろに倒れながらベルティングボイスを練習してみましょう!

 

 

>公式LINEにて無料診断実施中!

公式LINEにて無料診断実施中!

受講者以外の方でも公式LINEのトークにてご自身の歌唱音声や映像にお悩みを添えてお送り頂ければ診断結果(あなたの発声状態やお悩みの改善方法)をお返事致します。

CTR IMG