【強化編】

声の筋トレ

声の筋トレとは

一般的な筋トレでいうと「胸筋」「背筋」「腹筋」のように喉にも4方向に沢山の筋肉があります。

それぞれを強化することで自由な喉にしていきます!

アンザッツ(筋トレ)

アンザッツはモノマネ芸人や声優のような、さまざまな「声色」を使ったトレーニングです。

アンザッツには6つのタイプがあります。

アンザッツ1〜3番が地声系の声で、アンザッツ4〜6番が裏声系の声です。

アンザッツ1

【鍛える方向】

前上

【発声方法】

なびき喉上げ「ウィ」(地声)

【練習音源】

【音域】

最低音~E4

アンザッツ2

【鍛える方向】

前下

【発声方法】

スタッカート喉下げ(中間)「ハッ」(地声)

【練習音源】

【音域】

最低音~E4

アンザッツ3

【鍛える方向】

前下

【発声方法】

なびき喉下げ(最大)「オ」(地声)

【練習音源】

【音域】

最低音~E4

アンザッツ4

【鍛える方向】

前下、後上

【発声方法】

無意識で出す裏声「ホー」

【練習音源】

E4〜(ホイッスルまで)

〜E4

【音域】

最低音~最高音

【イメージ】

ミッキー

アンザッツ5

【鍛える方向】

前上

【発声方法】

なびき喉上げ「ウィ」(裏声)

【練習音源】

E4〜(ホイッスルまで)

〜E4

【音域】

最低音~最高音

アンザッツ6

【鍛える方向】

前下、後下

【発声方法】

なびき喉下げ「ヒョ」(裏声)

【練習音源】

E4〜(ホイッスルまで)

〜E4

【音域】

最低音~最高音

4方向の調整

筋トレではなく、自分のフラットな声で4方向をコントロールして行きます。

前下

おい

前上

は?

後上

ヒッヒー

後下

ヒッヒー

アンザッツのように喉の上下で声を変化させない。(音域によって自然と上下するのはOK)

ガム(仮声帯)

正しい喉声を出すには咳払いをします。

そしてその咳払いを細く鼻にかけるようにします。

感覚的にやりにくい人は、「歯のあたりに咳払いを当てる感じ」で試していただくとうまくできます。

このときに、喉に痛み、かゆみが生じる場合は、間違った出し方になっています。

正しい喉声は喉が痛くもかゆくもなく、また長時間の連続発生にも耐えられるものだからです。

咳払いを当てるポイント微調整していくうちに、痛くもかゆくもないポイントが見つかってきます。

そのポイントをつかめば、喉声を自在に操り、さらには喉全体の機能回復も行われ、様々なボイステクニックを解放させていくことができます。

ノイズ発声をすることで神経同期力といって「イメージ通りに喉の筋肉が動きやすくなる」そういう状態も鍛えてくれるということが証明されています。

アンザッツ1 + ガム

「レロリンレロリンアー」

アンザッツ3 + ガム(ブルース型)

「オー」

ブルースを歌う時などによく使用される

アンザッツ5 + ガム

「ウィー」

吸気発声

吸気性アンザッツ

・アンザッツ1「ウワー」

・アンザッツ3「モー」

・アンザッツ4「モー」

・アンザッツ5「ウワー」

・エッジボイス 喉の位置 低

・エッジボイス 喉の位置 高

倍音唱法

耳を鍛える効果や音痴改善にも効果的です。

舌を上顎につけて前後に動かしながら「ウィーウ」(Bb3付近)

音程が何個も聞こえてくるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

>公式LINEにて無料診断実施中!

公式LINEにて無料診断実施中!

受講者以外の方でも公式LINEのトークにてご自身の歌唱音声や映像にお悩みを添えてお送り頂ければ診断結果(あなたの発声状態やお悩みの改善方法)をお返事致します。

CTR IMG