【分離編】

分離の目的

1.分離の目的

地声と裏声に限らず、混合が予想されるパーツ(仮声帯・喉頭蓋・軟口蓋・唇・舌など)はすべて分離して、それぞれを独立した状態で動せるようにするため、そして自分の発声状態を確認するために分離していきます。


2.声の混合とは

意図したパーツを動かせないこと。

(例)地声を出してるつもりが裏声が混ざってしまう…など

声帯

1.声帯とは

声を出す主役楽器


2.位置

喉仏の裏


3.役割

が当たることによって振動する2枚のひだ

姿勢

歌唱時の姿勢

自然な姿勢で大丈夫です。

発声タイプや音楽ジャンルによって個人差があるので、自分が声を出しやすい姿勢を見つけましょう。

全てにおいて力みが発生しない程度にして下さい。

呼吸管理

1.呼吸管理とは

息を止めている間、外肋間筋という筋肉が呼気を身体の中に留めてくれる働きのこと。


2.効果

声帯閉鎖がしやすくなる

少量の息が通るから

息漏れを防ぐ

意図的に出す息の量を調整できるから

 

3.練習方法

  1. 大きく息を吸う。
  2. これ以上吸えなくなったタイミングで「声帯は開いたまま」息を止める
  3. 息を止めている状態をキープしながら声を出す習慣を付ける。

4.ポイント

息を止めた状態でドッグブレスができれば成功。

エッジボイスになってしまう場合は、声帯が閉鎖してしまっているのでNG。

完全呼吸

完全呼吸とは

腹式呼吸胸式呼吸(呼吸管理)を同時に行う呼吸法。

歌は「絶対に腹式呼吸じゃなきゃダメ!」というイメージがあると思いますが、どちらにせよ肺にしか空気は入らないので、あくまで「腹式呼吸を使った方が効率が良い」ということなので思い通り歌えていればそこまで気にしなくて大丈夫です。何年間も練習しなくちゃできない不自然な呼吸法ならやめましょう。

腹式呼吸のやり方

横隔膜の上げ下げで肺の面積を変える呼吸方法です。

①鼻から息を吸い、お腹を大きく膨らませる

→横隔膜が下がる、肺が下にひっぱられ膨らむ、同時に空気が肺に入る

②鼻から息を吐き、お腹をへこませる

→横隔膜が上に上がる(元の状態に戻る)、肺が縮む、同時に空気が排出される

③1~2を繰り返し行う

胸式呼吸のやり方

お腹を薄くしたまま鼻から息を吸い、胸に呼吸を送るように肋骨を広げる

→この状態で息を漏らさずキープするのが呼吸管理

②鼻から息を吐き、胸・肋骨を閉じて元に戻す

③1~2を繰り返し行う

練習方法

8(前)-8(凹)-8(吐)-7(止)-1(吸)

  1. 鼻から息を吸う(完全呼吸)→呼吸管理をしながら8カウント、口から息を吐く。
  2. 呼吸管理を緩めながら8カウント息を吐く。
  3. さらに呼吸管理を緩めながら8カウントで息を吐き切る。
  4. 7カウント息を止める
  5. 1カウント鼻から息を吸う(完全呼吸)

①〜⑤を繰り返す。

息の吐き方

・歯の隙間から「ツー」と一定で鋭い息を吐く。

 

好きな曲を流しながらそのテンポに合わせてやって見ましょう!
テンポが早すぎる曲はNG。

声の仕組み

1.呼気

から空気()を送る。

吐く息を呼気、吸う息を吸気と呼びます。(呼吸)

2.声帯閉鎖

  1. 肺から送られてきた息が閉鎖した声帯の隙間を通る。
  2. 声帯が振動
  3. 息が細かく断続的に途切れ音(エッジボイス)」が出る。

◼︎エッジボイス

  1. 息を大きく吸い込んだタイミングで「声帯は開いたまま」いきなり息を止める。
  2. 声を出そうとする
  3. ブツブツ」と音が鳴ったら一定の息キープ
エッジボイスは声帯閉鎖の感覚を掴む際には効果的ですが、そればかりやってしまうと発声障害にも繋がる恐れがあるので、感覚を掴んだ!という方はそれ以降やらなくて大丈夫です。

3.共鳴

声帯で発生した音が共鳴腔で響く。

4.言葉の形成

口の器官で母音・子音を形成して響いた音が「」になる

地声と裏声の違い

1.地声

声帯が短く分厚い状態。声唇が振動した声。


2.裏声

声帯が薄く張った状態。

輪状甲状筋が収縮→声帯の厚さ・張り・長さを調節(伸展運動)。

声を高くするにつれ声帯靱帯がピンと張られ、その先の粘膜のみが振動した声


3.【映像】声帯の伸展運動


4.【映像】声帯の動き

歌声の種類

1.チェストボイス(胸声)

息漏れのない芯のある地声

◼︎チェストボイスのみを使用した歌唱

♪「桜坂/福山雅治」

2.ウィスパーボイス

息漏れのある地声

◼︎ウィスパーボイスのみを使用した歌唱

♪「桜坂/福山雅治」

3.ファルセット

息漏れの多い裏声(海外では裏声全般を「falsetto」と呼ぶ)

イメージ : フクロウの鳴き声

歌の中では部分的に使うことがほとんどです。

◼︎ファルセットを部分的に使用した歌唱

 

4.ヘッドボイス(頭声)

芯があり息漏れが少ない裏声

イメージ : ミッキー

◼︎ヘッドボイスのみを使用した歌唱

♪「LA PA PARADISE/BRADIO」

 

6.ミックスボイス

ミドルボイスの声区ををほぼ全音域まで拡げて、地声・裏声の中間をとり、低い地声から高い裏声までを滑らかに繋ぐことのできる状態・仕組みのこと。

「この声・音域がミックスボイス」というものではありません。

7.ベルティングボイス

喉絞めではない状態で高音域を地声のような強い声で出す発声法

◼︎ベルティングボイスを使用した歌唱

♪「innocent world/Mr.Children」

8.ホイッスルボイス

笛のような音で出す超高音域の裏声

外転と内転

外転

1.外転とは

声帯が少しだけ近づく動き。多くの隙間が残るので息漏れした声になる。

2.発声方法

ため息コソコソ話


内転

3.内転とは

声帯がしっかりと近づく動き。普段の話し声のような声になる。

4.発声方法

オー⤵︎」でしっかりと最初のアタックを作って発声。

 

外転→内転

5.発声方法

声帯を開いた状態から徐々に内転(閉鎖)させていく。

6.地声

「アー」(〜E4)

7.裏声

「フー」(B3〜B4)

 

内転→外転

8.発声方法

声帯閉鎖した状態から徐々に外転(息漏れ)させていく。

9.地声

「アー」(〜E4)

10.裏声

「フー」(B3〜B4)

声帯の閉鎖状態が変わることで息が漏れたり芯が入ったりするという感覚を掴むトレーニングなので、声量はなるべく一定にしましょう。

仮声帯

1.仮声帯とは

声帯を支えるサポート役主に大きな声を出す時のサポートをします。


2.位置

声帯の上

3.発声方法

咳払い呼気圧をかけていく

 

4.特徴

息が漏れると働き出す

息が漏れる→声帯が開く(仕事をサボる)→仮声帯が声帯の仕事を補う

喉を上げると働きやすくなる

喉を下げた地声の方が仮声帯のバリバリ感が少なくなる。

笑うと開く

口角を上げたり笑うと仮声帯の働きが弱くなる仕組み。

地声と裏声

純粋な地声(チェストボイス)

1.発声方法

息漏れのない芯のある地声「ア」

2.練習音源

3.音域

~E4

それ以上の音域はどんなに地声に聞こえても裏声系の筋肉が働き出してしまい、負荷が地声と裏声に分散してしまう。

4.ポイント

息漏れNG(呼吸管理の意識)

②ありったけの大きな声を出す

限度はあるがアタック感のある地声を出せないと、地声系の筋肉を使うことができない。

仮声帯が入るのを気にしない

仮声帯の性質上、声量が上がると働きやすくなりバリバリと音を立て始めますが、ここでは気にしなくて大丈夫です。

純粋な裏声(ピュアファルセット)

1.発声方法

息漏れが非常に多い裏声「フー」

2.練習音源

歌では一切使用しない声なので、ここでは割り切って思い切り息を漏らしましょう。

3.音域

B3〜B4

この音域の範囲外になると、裏声系以外の筋肉が働き出す。

4.ポイント

2〜3秒息が切れるように。

地声とは息を漏らすことで声帯が開いて地声系の筋肉が働くのを防ぎ、裏声系の筋肉に絞って働かせることができる。声の出し始めから息漏れ意識。

母音の変化NG

口の形が変わらないように。特に「イ」「エ」「ア」に近づいてしまうと、口の動きにつられて地声系の筋肉が働き出してしまう。

が入らないように

口の形を固定

口の周りやほっぺたを両手で抑えた状態で行う。

唇(舌)と喉

1.分離目的

は想像以上に口の形(母音)影響を受けます。その影響を極限まで少なくするために分離していきます。


2.練習方法

発声方法

息漏れのない地声(〜E4)

息漏れのある地声(〜E4)

中間の声

息漏れのある裏声(B3〜B4)

息漏れのない裏声(B3〜B4)

喉のポジション(高)

50音

喉のポジション(中)

喉のポジション(低)

唇の形(横)

唇の形(ニュートラル)

唇の形(前突き出し)

4.母音と子音

>公式LINEにて無料診断実施中!

公式LINEにて無料診断実施中!

受講者以外の方でも公式LINEのトークにてご自身の歌唱音声や映像にお悩みを添えてお送り頂ければ診断結果(あなたの発声状態やお悩みの改善方法)をお返事致します。

CTR IMG